サイトタイトル

●KobeCafeフレームワークとは?

拡張性が高く、繰り返し開発に強いアプリケーションを構築する枠組み(フレームワーク)です。
※単なるコントロールライブラリ、ユーティリティの集まりのフレームワークではありません。.NET Frameworkのクラスライブラリを基盤としています。
階層型分散アプリケーションに適したアーキテクチャを採用しています。

●KobeCafeフレームワークの利点

1.システムでWeb用、Windows用等複数のアプリケーションの開発が可能です。

  例)  顧客が使用するアプリケーションはWeb、社内管理などのアプリケーションはWindowsなど組み合わせて運用可能!!
        ※もちろん、Web Windows単体システムでも構築可能です。

2.強力なBinding機能で効率の良い開発を手助けします。

Windows、Webシステムに関わらず、Bussiness EntityとUIのデータ移動を簡単に行うことで素早い開発が可能です。
またWindows用のコントロール、Web用のコントロールが多数用意されていますので、操作性の優れたアプリケーションを高い生産性をもって開発が可能です。

3.大規模開発に実績があります。

ビジネスロジック層とプレゼンテーション層を分離しやすい作りになっているため、多人数でのシステム開発が可能になっています。

4.変更に強く修正効率の良い開発を実現します。

繰り返し開発を前提に開発されているため、このフレームワークを利用・運用することで機能の拡張、変更が柔軟に対応できるようになっています。

●KobeCafeフレームワークの環境と構成

開発環境
.net framework 2.0以上 (C# VB.net)  DB SQLServer 2000 以上  IIS 6.0 以上

●導入実績

建築業界向け営業支援ソフト  

薬剤師転職サポートシステム

海外法人業務管理システム   

販売管理システム

お問い合わせ

業務・プロダクト、その他お気軽にお問い合わせください。

お電話・ファックスでのお問い合わせ。

メールでのお問い合わせ

トップへ戻る